全国で17のホテルを運営するThe COURT株式会社は、京都市内中心部のひとつである四条烏丸エリアに、「EN HOTEL Kyoto」を開業いたします。

 The COURT株式会社のホテルブランド「EN」は、“日本のカルチャーとローカルの融合”そして“コントラスト”をコンセプトに、2016年に渋谷、2018年に藤沢でオープン。今回の「EN HOTEL Kyoto」では、京都を訪れる海外からの多くのゲストに、京都市内、特に、四条烏丸エリアのディープでユニークな体験を通じて、京都との「縁(EN)」を感じていただきたいと考えています。

 「EN HOTEL Kyoto」は、「動=発見」と「静=くつろぎ」のコントラストが心を動かすホテルです。「動いて発見する楽しみ」と「静かに心の内まで入り込む心地よさ」という対照的な旅の楽しみ方を、ゲストのみなさんに提供します。

事業背景
 「EN」ブランドをはじめとしたホテル事業を展開するThe COURT株式会社は、2019年7月に「復星集団(フォースン・グループ)」を親会社とする株式会社イデラ キャピタルマネジメントが全株式を取得し、新体制でスタートしました。

 「復星集団(フォースン・グループ)」は、香港で上場している中国を代表するコングロマリットのひとつであり「ファミリーハピネス」を理念に、医薬医療から、金融、ファッション等、広く展開しています。また、株式会社イデラ キャピタルマネジメントは、北海道のトマムリゾートを含め、グループ全体で約6,900室のホテルのアセットマネジメント業務を展開しています。

 The COURT株式会社は復星集団の「ファミリーハピネス」の理念の下、日本ならではの「ホスピタリティ・ハピネス・プラットホーム」の確立を目指しています。

 今回「EN HOTEL Kyoto」の開業を機に「EN」のブランディングを強化し、日本を訪れる外国人観光客に向け日本のポップカルチャーや、その土地のユニークな歴史・文化・風土を取り入れた体験を通して、ゲストに「ハピネス」を提供するホテル事業を目指します。

 「EN」ブランドは今後、The COURT株式会社のホスピタリティ事業の主軸として、国内外にその価値をお届けしていきます。 

EN HOTEL Kyotoの特徴
EN HOTELのテーマ“Discover, Relax, Repeat.”
 「知的好奇心が刺激される発見」と「心地よいくつろぎ」を両立させる空間とサービスを提供します。

ヨーロッパと日本のスタッフで作り上げたホテル
 今回のホテルのコンセプト開発にはスペインのブランディング・ブティックのERRETRES(エレトレス)社が参画、インテリアデザインは様々なホテルや商業施設で実績のあるアトリエテンマ社が担当。そして、客室フロアのデザイン・アート施工は、京都の伝統工芸業界の次世代を担う京表具井上光雅堂と株式会社SECAIがプロデュース。まるで異次元の京都に迷い込んだようなフォトジェニックな空間を演出します。

 また地元との産学連携として、京都市立芸術大学の学生の方々からも多くのアイデアを提案いただき、その一部をホテルのデザインやサービスに取り入れています。

エンホテルキョウトゲート&アプローチ
 「Modernized ZEN(現代的な禅)」をテーマに、ユニークな外観のビルとマッチしたデザインのアプローチ。入口近くにはステンレスとミラーでできた小さくて不思議な「ツアーガイド・キオスク」のオブジェを設置、「未知なる京都の発見」を予感させます。

エンホテルキョウト1階エントランス&コミュニティスペース「EN LOBBY」
 1階のエントランス&コミュニティスペースは明るくにぎやかな雰囲気の「動=発見」の象徴です。
エントランスを入るとまず金属製の京都の大型マップが目に飛び込んできます。

エンホテルキョウト

エンホテルキョウト その右手の壁一面には、100種類を超える四条烏丸周辺のディープでユニークなトピックを紹介するホテルオリジナルの京都ガイドカード「Exploration(探検)カード」が並びます。ゲストは旅のテーマに合わせて自由にカードを集め、自分だけのガイドブックを作ることができます。また、EN LOBBYの奥には、茶釜からお湯を柄杓で汲んで、ホテルセレクトの日本茶を楽しめるスペースを完備しています。

エンホテルキョウト地下1階 「EN LOUNGE」
 「静=くつろぎ」の象徴。Calm & Cozyな雰囲気の中で、ホテルセレクトのコーヒーや日本茶を楽しみながら、ひとりで、そして仲間と心ゆくまでゆったり過ごしていただくスペースになっています。隣に座った他のゲストと仲良くなるのも自由。
また、毎朝(午前7:00 – 午前10:00)、京都老舗の「進々堂」のパンとフルーツの朝食を提供します。

エンホテルキョウト客室フロア演出
 「異次元の京都に迷い込んだ」という設定で、2階から11階までストーリー仕立てで各客室階のエレベーターホール周辺を中心に、ユニークでフォトジェニックな演出と装飾を施します。
 担当するのは、京都の伝統工芸業界の次世代を担う京表具井上光雅堂と株式会社SECAI。エンホテルキョウト

デザイン:株式会社SECAI
 ホテルや、飲食店、イベントなどの様々な場作りを手掛けるクリエイティブ企業。それぞれの空間が持つ歴史や物語をベースにしたデザイン・プランニングで、新しい価値を創ることを得意とする。文化事業に取り組みながら、江戸時代の版画浮世絵を中心として芸術作品のコレクションを進めている。

アート施工:京表具井上光雅堂
 昭和32年(1957)創業。京都国立博物館内の国宝修理所にて数多くの文化財修復に携わっていた初代の技を受け継ぎ、神社、仏閣、アーティストの掛軸や屏風等の新調・修復、数寄屋建築内装等、表具全般に携わる。

 近年では「伝統材料×ART」をテーマに現代の建築様式にもアプローチし、ホテルや店舗内装に和の設えを施す。海外での作品発表など、その活動は幅広い。

エンホテルキョウト客室
 カップルからグループまで、ゲストが一緒の部屋で旅を楽しめるように、ツイン、ダブル、トリプル、クアッドと多彩な客室タイプを用意しました。全客室、和の感覚を感じられる小上がりスペースを設置。癒しと寛くつろぎのひと時をお楽しみください。また全室で、High Speed Wi-Fiが利用可能です。エンホテルキョウト

エンホテルキョウト エンホテルキョウト

施設概要
名 称:  EN HOTEL Kyoto(エン ホテル キョウト)
所在地:  600-8472 京都市下京区西洞院通四条下る妙伝寺町698
アクセス: 地下鉄烏丸線「四条駅」2番出口より徒歩約6分
      阪急京都線「烏丸駅」25番出口より徒歩約6分
代表電話: +81-75-361-0505
支配人:  鈴木俊也(すずき しゅんや)
客室数:  108室(全室禁煙)エンホテルキョウト
※消費税、宿泊税別
宿泊定数: 271名
チェックイン: 午後3:00
チェックアウト: 午前10:00